中5日はダメだった?広島・大瀬良がまさかの10失点KO

巨人 広島

◆巨人12-4広島◆
広島は中5日でエース・大瀬良を先発させたが、三回途中7安打10失点とまさかの大炎上。巨人と7.5ゲーム差になり、4連覇はさらに遠のいた。

10失点した三回は悲惨だった。亀井にストレートの四球の後、安打、適時打でまず1点。一、三塁から岡本に3ランを浴びると、阿部、ゲレーロ、大城に3連続二塁打を打たれ1-8。

田中俊に四球の後、桜井の犠打でようやく一死を取り、降板した。

守備もエースの足を引っ張った。ゲレーロの二塁打は中堅・西川がグラブに当てながら捕球できず、大城の左翼線への二塁打は処理に松山がもたついた。いずれも失策は記録されなかったが、王者らしからぬミスだ。

巨人にはカード勝ち越しを決めている。CSでやり返したい。

関連記事