中継ぎ乱調で逆転負けの巨人・原監督「九つの四死球というのは…」

巨人 阪神

◆巨人6-7阪神◆
勝てば日本シリーズ進出が決まるという試合だったが、巨人が中継ぎ陣の乱調で逆転負けを喫した。

3点リードで迎えた五回、2番手・桜井が2四球1死球で無死満塁のピンチを作って降板。3番手・高木が高山、梅野に適時打を浴び1点差とされ、二死満塁から近本に逆転の3点適時三塁打を浴びた。

その後、岡本の2ランで追いついたが、九回に中川が大山に痛恨の決勝弾を許した。

原監督は試合後「やっぱり1イニング5失点というのはね。実戦を想定した練習をしていたのか、というところだろうね。それはしていなかったということでしょうな」と、桜井、高木の乱調に苦言。さらに、9四死球を与えた投手陣については「九つの四死球というのはね。九つでしょ。それはやっぱり守るのは難しいね」と渋い顔だった。

関連記事