中田の代役が同点打「良い引き分け」原監督

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 ヤクルト 原語(ハラゴ)

◆巨人2-2ヤクルト◆
首位・巨人は九回裏に若林が同点打を放ち、3位・ヤクルトに引き分けた。

1-1の七回、勝負に出た。先頭の四番・岡本が安打で出塁すると、代走の切り札・増田を起用。不調の五番・中田に代打・若林を送った。若林は左飛に倒れ、ウィーラーの安打などでチャンスを広げたが無得点に終わった。

指揮官は、「あの回、勝負イニングという風には思ったんですけどね。まぁしかし、勝負にいった訳だからね」と振り返ったが、選手たちに勝利への意欲ははっきり伝わった。


九回にビエイラが勝ち越しを許したが、その裏に若林が前進守備の中堅を越す同点適時打を放った。粘りを見せた打線に、「そうですね。いい引き分けだよね、いつも」「(若林は)その前の打席も良かったしね」と称えた。

優勝争いの相手となるヤクルト、阪神との6連戦を前に、原監督は「ムチを入れた」。ヤクルトとの3連戦を2勝1分けとし、2位・阪神とは0.5ゲーム差、ヤクルトとは2.5差。3日から甲子園に乗り込み、2位・阪神を突き放す。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事