中日13残塁1得点「打順考えていかないと…」与田監督

NPB(プロ野球) スポーツ 中日 ヤクルト

◆中日1-4ヤクルト◆
中日は10安打6四死球ながら13残塁の拙攻でわずか1得点、ヤクルト戦4連敗を喫した。

二回は二死一、二塁、三回は一死一、二塁など、四回は一死満塁…。中盤まで再三の好機に1本が出ないいつもの展開。ヤクルトの先発・金久保に京田の打球が直撃し三回途中で緊急降板するアクシデントも、追い風にはできなかった。

七回には、ようやく高橋周の適時打が出て1点差としたが、直後に牽制死で反撃ムードは萎んだ。2点差とされた八回には、先頭・阿部が安打で出塁すると、代走の切り札・高松を投入、三振の多い根尾の打席でエンドランを仕掛けた結果、三振併殺で好機を潰し、直後に代打・井領が右前打を放つなど、最後までちぐはぐな攻撃が続いた。

与田監督は試合後「二桁打ったけど、あと1本というね。最近そういう言葉が多いかな。みんなで乗り越えていくしかない」とボヤき、打開策としては「簡単ではないが、打順を考えてみたり、メンバーを代えてみたりとか、そういうことも当然、考えていかないといけない」と打順変更を示唆した。

三番で起用し続けているものの、打率.159と状態が上がらないガーバーについては「結果がすべてなんでね。そこはしっかりと判断をしていかないといけない」と見切りをつけるような発言も。迷走は早めに終わりにしたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事