“中日閥”強まる阪神「100点に近い」キャンプもOBはソッポ

ニュース 阪神

阪神の秋季キャンプが終了した。矢野監督は「100点に近い」と自画自賛したが、矢野監督の“中日閥”重用に阪神OBは「まるで阪神ドラゴンズ」と反発、キャンプ訪問もほとんどない異常事態となった。

安芸キャンプの目玉は中日のレジェンド・山本昌臨時コーチ。藤浪晋太郎や高橋遥人らに熱心に指導する様子が連日伝えられ、選手からも「わかりやすい」と好評だった。

だが、そんな風潮にキャンプを訪問した川藤OB会長は「昌効果、昌効果というが、選手によって合うコーチ、合わないコーチは必ずいる。選手は教えを消化して、取捨選択をしなければならない。時に歯向かうということも大きな財産になる」と異議を唱えた。

阪神は今オフ、打撃コーチに中日OBの井上一樹氏を招へい。矢野監督の中日時代の人脈からのコーチ就任は清水雅治ヘッドコーチに続くもの。12球団ワーストの失策数を記録したが、中日OBの久慈内野守備走塁コーチは留任。一・二軍打撃コーチの座をかけた新井良太・北川博敏両コーチの争いも、“中日閥”の新井コーチが一軍で決着した。

それに加えての山本昌臨時コーチで、球団OBからは「阪神のOBとは信頼関係が作れていない」と不満がくすぶり、OBのキャンプ訪問は川藤会長らごくわずかに限られる異例の少なさとなった。

キャンプを終えた矢野監督は「全体を底上げするようなキャンプを送れた。(各コーチが)いろんなアイデアを出してくれて、選手の気持ちをつなげるような情熱も持ってやってもらいました。山本昌さんに来てもらったのもすごく大きかった。本当にコーチのみんながよくやってくれたな、と思っています」とスタッフを絶賛した。

だが、OBが完全に敵に回れば在阪マスコミを巻き込んだ「お家騒動」に発展することはこれまでの歴史が証明している。これを防ぎ切ったのは、最近では結果を出して身を引いた故・星野仙一氏ぐらいだろう。矢野監督は来季、OBを黙らせるだけの「結果」が求められるシーズンを迎える。

関連記事