中日貧打に「寂しい試合」与田監督

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 中日

◆巨人2-1中日◆
中日は八回一死まで無安打。7回2失点の大野雄は2敗目(0勝)を喫した。

試合後の与田監督は「寂しい試合」「打てるように練習しないといけない」

テコ入れのため、Aマルティネスを五番に入れるなどしたが、不発に終わった。東京ドームだし、長打力に期待したが結果が出なかった」「良い投手はそうそうチャンスがない。力をつけないと」

ここまで計37得点は12球団最少だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事