中日貧打「簡単に完封されない」与田監督②

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 中日

◆巨人5-1中日◆
中日は九回無死まで無得点。打線は繋がり、試合後の与田監督はキレを欠いた。ここまで計38得点は12球団最少だ。

与田監督は巨人・畠を攻略できなかった事に関し、「昨日よりは早い段階でスイングにいけと思うが、まだ仕留められないという理由はしっかり考えていかないといけないし、タイミングを合わせないと」

二番に福留を起用し、テコ入れを図った。
「より攻撃を厚めにしようということで使ってみた」「四球も含めて、出塁するという期待。長打も含めて」

ただ、Aマルティネスのソロで4点差とし、さらに無死一塁から与田監督がリクエスト。それは失敗したが、さらに2安打して畠は降板。抑えのデラロサを登板させた点は評価した。
「簡単に完封されなかった。少しだけでも使わせるのは大事なこと。終盤ちょっとした粘りが出たのは良かった」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事