中日抑え岡田1-6で登板「信頼変わらぬ」3日後

NPB(プロ野球) スポーツ 中日 広島

◆中日-広島◆
中日の「ストッパー」岡田が、5点をリードされた七回に登板、スタンドがどよめいた。

1-2と広島1点リードで迎えたこの回、先発・梅津と2番手・祖父江が広島打線に捕まり4失点。なおも二死一、二塁の場面で「投手・岡田」が告げられると、スタンドからは困惑のどよめきが。岡田は田中広を三振に打ち取り、「役目」を果たしたが、スタンドはざわついた状態が続いた。

岡田は最終回に4点を失って敗戦投手となった9日以来の登板。その9日の試合後、与田監督は「信頼は変わらない」と話していたが、ほぼ試合が決まった後の「敗戦処理」に近い場面での起用となった。この配置転換が吉と出るか。

文・写真/BBNEWS編集部

◆岡田俊哉
背番号 21
カナ オカダ・トシヤ
出身校 智弁和歌山
誕生日 1991年12月5日
年齢 28
血液型 A
身長 178
体重 67
所属履歴 智弁和歌山(甲)
キャリア 11年
投打 左左
ドラフト年度 09
ドラフト順位 1
公式戦初出場 13年3月30日DeNA=ナゴヤドーム
年俸 4200万円
昨季年俸 3000万円
家族 既婚

関連記事