中日反撃及ばず「うちは一発出ていない」与田監督

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 中日

◆中日4-5巨人◆
中日は九回に同点機を作りながら、またもあと一本が出ず。

三回まで0-4。六回表を終えて0-5。巨人が主力を交代するなど一方的な雰囲気の中で、1点差まで追い上げた。九回は一死三塁とした。「反撃」を与田監督は評価した。
「先に三回までに4点取られて。ちょっと苦しい形になりましたけど、何とか粘れるようになってきた」

一死から大島が凡退したが、「なんとかバットに当たればチャンスはあった」。大島の凡退後、武田が1球で凡退して試合は終了した。代打という選択肢もあった。五回に福留を代打に起用したが、井領はベンチに残っていた。指揮官は、「いろんな意図がある。選手を使うには信頼して出している」「代えてないからそういうことだよね」

一方、長打力の差を問題視している。丸、岡本の主力に一発が出た巨人に長打力の差を見せつけられた。2戦3発の巨人に対し、中日は0。今季バンテリンドームはわずか5発。対して18本を被弾している。
「向こうは2本、うちは出ていない。そういうところの得点の差は出る」

そんな中、主砲のビシエドが3打点を挙げた。
「ちょっとずつ状態が上がってくることを願うしかない。一気にみんながどんどん打てるようになるというのは難しいかもしれないですけど。負けはしましたけど、何とか粘れる状況を作れるにはというところ」「勝たないと。起用する私の判断。選手は結果を出そうと頑張っている。勝ちに結びつくように粘り強く戦っていくしかない」

前日は11残塁。九回は二死二塁、二死満塁のサヨナラ機をものに出来なかった。改善の兆しはこの日も見えなかった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事