中日代表また「放言」選手会が抗議

NPB(プロ野球) 中日 ストーブリーグ 契約更改

中日の契約更改で保留者が相次ぎ、波紋を広げている。加藤宏幸球団代表の発言をめぐり28日、プロ野球選手会が抗議した。「球団代表の言動に強く抗議し、所属選手に対する十分な説明、誠実な協議を求める申し入れを行いました」としている。

中日は更改初日となる26日に木下拓が保留。翌27日も福谷、福も続いた。

加藤代表は保留者続出の原因を「情状の部分が一切ないからだろう」と分析。コロナウイルス感染拡大による減収を踏まえ、「他球団は他球団。変更するとドラゴンズの査定が間違っていたことになる」などと発言した。

選手会は「所属選手に対する査定方法の事前説明が二転三転したり、不十分な点があった」「メディアに対して、一方的に所属選手が年俸金額で揉めているかの印象を与える発言をするなど、選手と球団の信頼関係を維持できない状況が発生している」と問題視している。

加藤代表は、将来のビジョンを問うた福谷に「オーナーが代わって『ビジョンを明確にしなさい』という指摘はされていた。今までそういう方針が球団としてなかったというのは事実なので、明文化するという作業はやりたい」と驚きの回答をした。

また、昨年の更改では中継ぎの祖父江に「継続的な登板数(過去の実績)はFAを取れば評価する」と発言した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事