中日・阿知羅、大抜擢に応える快投

阪神 中日

◆中日0-2阪神◆
中日は本拠地で阪神相手に痛い星を落としたが、今季初登板の阿知羅が6回1失点の好投を見せるという収穫があった。

プロ未勝利の阿知羅の1軍登板は2017年以来2年ぶり2度目。今年はウエスタンでも5試合に登板して0勝1敗、防御率5.91という成績だったが、抜擢した首脳陣の期待に応えて6回をわずか3安打、大山のソロ本塁打による1失点だけに抑えた。

「インコースへの真っすぐが投げられた」と試合を振り返りつつ、「次が大事」と気を引き締めた阿知羅。与田監督は「試合を作ってくれた。次につながる投球」と高評価。開幕投手・笠原が離脱する苦しい先発陣に新たな戦力が加わった。

関連記事