中日・笠原が先発を回避、不整脈か

阪神 中日

中日の笠原祥太郎投手が、体調不良のため27日の阪神戦の先発を回避した。

不整脈の疑いがある症状で、笠原は以前から症状を感じていたという。抹消するかどうかは未定。

笠原は今季、開幕投手を務め、ここまで4試合で2勝0敗、防御率2.75と安定した投球を見せていた。仮に離脱することになれば、中日にとっては痛手となる。

笠原が予定していた27日の試合は佐藤が先発、3回3失点だった。

関連記事