中日・石川昂弥が初打点 沢村157キロ打ち

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA 中日

◆中日5-0巨人◆
中日のドラフト1位・石川昂が「八番・三塁」でスタメン出場し、プロ初打点を挙げた。八回二死一塁で沢村の157キロストレートを捉え、左翼フェンス直撃の当たり。二塁で走塁死したが、適時打となった。

「ちょっと詰まりましたけど、まずはああいう当たりが打てていなかったので、真っすぐを打てたのはよかった」と振り返った。

七回の第3打席では鍵谷のカットボールを右前へ。12日に一軍デビューし、初打席で左翼線への二塁打を放って以来、22打席ぶりの安打を放っていた。「最近の試合はとてもいい感じで打席に入れていた。そこでヒットが出て少し落ち着きました」と上向いた。

2四死球もあり、マルチ安打と合わせて3点に絡んだ。「チームが勝つのが一番。貢献できるように結果を出せたら良いと思います」。

結果を欲しがり当てに行くあまり、スイングが小さくなっていた。これをきっかけに、安打も打点も積み重ねる。将来の四番だけに、大きく育って欲しい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆石川昂弥
背番号 2
カナ イシカワ・タカヤ
出身校 東邦
誕生日 2001年6月22日
年齢 19
血液型 O
身長 185
体重 93
所属履歴 東邦(甲)
キャリア 1年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場
年俸 1500万円
契約金 1億円
家族 独身

関連記事