中日・根尾が一軍公式戦デビュー、最初の守備機会でヒヤリ苦笑い

阪神 中日

◆阪神-中日◆
中日のドラフト1位・根尾昂(大阪桐蔭高)が甲子園で一軍デビューを果たした。

七回裏の守備から京田に代わって「二番・遊撃」で出場。先頭・北條の遊ゴロを捌き、補殺を記録した。送球は本塁方向にややそれたが、一塁福田が北條にタッチして無事にアウト。根尾は苦笑いしながら謝るようなそぶりを見せた。

根尾はルーキーイヤーの今季、二軍で108試合に出場、打率0.210、2本塁打、33打点、9盗塁の成績を残している。シーズン当初はプロのスピードに苦しんだが、終盤には調子を上げ、四番で起用されるなど中軸を担った。

関連記事