中日・岡林がプロ初安打「無我夢中で」

NPB(プロ野球) スポーツ 中日 広島

◆広島4-4中日◆
中日のドラフト5位ルーキー岡林がプロ初安打を放った。

2点を追う七回、先頭打者・武田の代打として出場し、広島の2番手菊池保の4球目を右前に弾き返した。中日はこの安打をきっかけに、ビシエドの2点適時打で同点に追いついた。「必死でした。なんとかしようと無我夢中で打った。広島から打ててよかった」と振り返った。岡林の兄・飛翔(つばさ)さんは、17年育成ドラフト1位で広島に入団、昨オフに引退している。

入団時は投打二刀流で話題になったが、打撃センスを認められてキャンプから外野手に専念。ウエスタン・リーグ12試合で打率.316と結果を残し、一軍に抜擢された。


この日は石川昂も五回に代打で出場して右前打。高卒ルーキーが1試合で揃って安打を放つのは球団史上初の記録となった。与田監督は岡林に「しぶとさが非常にいい。ああいうところでよく打ってくれた」と目を細めた。試合は終盤、両者決めきれずに引き分けに終わったが、中日にとっては収穫のある1日となった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆岡林勇希
背番号 60
カナ オカバヤシ・ユウキ
出身校 菰野
誕生日 2002年2月22日
年齢 18
血液型 O
身長 175
体重 74
所属履歴 菰野
キャリア 1年
投打 右左
ドラフト年度 19
ドラフト順位 5
年俸 550万円
契約金 3000万円
家族 独身

関連記事