中日・大野雄大FA権 行使へ単年契約、宣言残留も視野

NPB(プロ野球) スポーツ 中日 ストーブリーグ

中日・大野雄大投手(31)が31日、国内FA権を取得した。「先のことはまだ考えていない」とコメントしたが、昨オフは3年契約を断った上に、宣言残留が可能という言質を球団から取っている。故障などがなければ権利を行使する予定だ。

18年は0勝に終わったが、昨季はリーグ最多の177回2/3を投げて9勝を挙げ、防御率2・58で初タイトルとなる最優秀防御率賞を獲得。9月14日阪神戦でノーヒットノーランを達成した。オフに7000万円増の年俸1億3000万円プラス出来高でサインした。球団幹部は「出ていかれたら厳しい状況となる」「3年ぐらいは縛っておきたかった」と落胆した。

大野は球団を通じてコメントを発表。「大きなけがなくやってこれて10年目に取得ということで、いつも体のコンディションを整えてくれる球団のトレーナーさんに感謝したい。先のことについてはまだ考えていない。とにかくシーズンに集中したい」としている。今季は0勝3敗、防御率4.04。初勝利を目指して、31日ヤクルト戦で先発する。

加藤球団代表は「必要な戦力と考えており、残って欲しい。昨年の契約更改の時にも気持ちは伝えてある。複数年契約を提示したが、単年で勝負したいという強い意志があったので受け入れた。こちらの気持ちは分かってくれていると思う」と残留を熱望した。

文・写真/BBNEWS編集部

◆大野雄大
背番号 22
カナ オオノ・ユウダイ
出身校 佛教大
誕生日 1988年9月26日
年齢 31
血液型 O
身長 183
体重 83
所属履歴 京都外大西(甲)-佛教大
キャリア 10年
投打 左左
ドラフト年度 10
ドラフト順位 1
公式戦初出場 11年10月14日巨人=東京ドーム
年俸 1億3000万円
昨季年俸 6000万円
タイトル (防)19
家族 既婚

関連記事