中日・大島洋平は阪神か中日-FA戦士の動向②

阪神 中日 特集企画・連載 ストーブリーグ

中日・大島洋平外野手は33歳の今季、3年契約を終えた。FA権を行使するなら、最後の機会だろう。

打力、走力、守備力を併せ持つ。今季は3年ぶりに143試合に出場し、174安打で最多安打のタイトルを獲得した。過去に4度、3割を記録している。盗塁は12年以来の30の大台に乗せた。脚は全く衰えていない。6度ゴールデングラブ賞を獲得するなど、守備の名手だ。

落合博満GM時代には契約更改で保留し、年俸の低さに公然と不満を示した。阪神の好条件を、同じセ・リーグのチームにいたなら良く理解しているはずだ。

阪神は獲得に向けた調査に乗り出したという。 ドラフトでは高校生を中心に指名した。補強するなら FAか新外国人となる。

ナゴヤドーム同様、甲子園は広い。福留は42歳、糸井は38歳。高齢化が進む阪神の外野陣を考えると、守備力の高い大島は、うってつけの選手に違いない。今季の盗塁王・近本光司の良い手本にもなりそうだ。

今季の推定年俸は1億8000万円。人的補償が必要となるAランクと見られるが、年俸4億円の鳥谷敬が退団するため、資金力に問題はない。

中日は複数年契約を提示し、宣言残留も認める方針という。外野のスピードスターをめぐり、名阪の人気球団同士で綱引きが繰り広げられそうだ。

ロッテ・鈴木大地-FA戦士の動向①
中日・大島洋平は阪神か中日-FA戦士の動向②
ソフトバンク福田秀平は争奪戦へ-FA戦士の動向③
バレンティンにソフトバンクが食指ー FA戦士の動向④
益田直也・鈴木大地を巨人が調査、藤岡も在籍ー FA戦士の動向⑤

関連記事