中日・勝野がヤクルト戦以外で初勝利「もっといろんなチームに勝てるよう…」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 中日

◆中日4-2阪神◆
中日の先発・勝野が6回2失点と好投。今季4勝目を挙げた。

初回に大山に2ランを被弾したが、その後は立ち直り、6回まで5安打無四球。先発の役割をきっちりと果たして福・祖父江・マルティネスにバトンを渡した。

この日の投球内容については「すごく大事な試合だと思っていたので、プレッシャーはあったんですけど、そこまで考えずにしっかり自分のピッチングをしようとマウンドに上がりました。いつも間が悪くなってしまうので、今日はテンポ良く自分のペースでどんどん投げようと。四球も無かったのでそういうところがいい結果につながった」と満足げに振り返った。

昨季の1勝を含め、ここまでの4勝は全てヤクルト戦で挙げており、これがヤクルト以外での初勝利。この点には「嬉しいですけど、これからもっといろんなチームに勝てるよう頑張ります」と複雑な表情だった。

中日はこれでついに貯金「1」。2位阪神との差を0.5とした。2位奪取がかかる14日は大野雄が先発する。

文・写真/BBNEWS編集部

◆勝野昌慶
背番号 41
カナ カツノ・アキヨシ
出身校 土岐商
誕生日 1997年6月12日
年齢 23
血液型 O
身長 183
体重 89
所属履歴 土岐商―三菱重工名古屋
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 18
ドラフト順位 3
公式戦初出場 19年5月17日巨人=ナゴヤドーム
年俸 1100万円
昨季年俸 1200万円
家族 既婚

関連記事