中日・与田監督また迷走、逆転負け「明日取り返す」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 中日

◆中日2-5阪神◆
中日が継投に失敗して逆転負けで2連敗となった。

先発・大野雄は阪神打線を大山のソロ本塁打の1点に抑えていたが、五回で降板。六回から継投に入ったが、七回に登板した谷元が一矢から3者連続四球で満塁とすると、北條の打席で左腕・岡田にスイッチ。

ここで外野に前進守備を指示したが、結果はレフト福田の頭を越える走者一掃の二塁打となった。定位置ならば左飛で済んだ可能性のある打球だったが、1点を惜しんだために3点を失う結果となった。岡田はさらにサンズにも適時打を浴び、致命的な5点目を奪われた。

打線も序盤、制球に苦しんだ青柳を早打ちや犠打で助け、中盤以降の立ち直りを許した。これもベンチの指示で違った展開になった可能性が高い。

与田監督は試合後、大野雄については「いろいろな要素を考えた中での交代」と交代の明確な理由は明かさず。

七回の逆転劇については「嫌な流れを断ち切るためにはストライクゾーンで勝負をしていくとういのを去年から取り組んでいるが、今年はなかなか上手くいってない」と、投手の制球力を反省点に挙げた。

指揮官は「今日やられても明日取り返すしかない」と切り替えたが、「明日取り返す」ためにも敗因を追究すべきだろう。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事