中日・与田監督「察して」追悼試合でBクラス転落

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 中日

◆中日1-7巨人◆
中日は高木守道元監督の追悼試合に大敗して4位に転落した。与田監督は試合後、「気持ちを察して欲しい」と述べた。

——先発ロドリゲスは不運な当たりもあったが、一挙4失点
「全体的にちょっとコントロールかな。初球がなかなかストライクを取れなかったり、そういう部分ではちょっと追い込むことができなかった、五回に関しては二死から5連打かな。そこもピッチャーにも打たれているし、防がないといけないところでした」

——三、四回はすべて三振。相手も振ってくれてうまくいった
「やっぱ制球じゃないですか。ストライクゾーンで勝負できるかどうかだと思います」

——相手先発の畠に対しては序盤に走者を出したが、得点につなげられず
「初回もノーアウト一塁でね、でも、点が取れない時はそういうものなので、あと1本が出ないというのは、点が取れない時はそういうパターンですよね」

——畠が徐々に勢いづいてきた
「そうですね。これも打てない時の一つの原因としては、初球のストライクがなかなか振れない。打つかということよりも、しっかり振るということが相手にプレッシャーをかけたいところですね」

——巨人戦は今季の負け越しが決定
「それはやっぱり力の差がこういう結果になるので、こういう世界なので、数字は素直に受け止めた中で、しっかり力をつけていかないといけないと思います」

——毎日全力で勝ちにいきたい中で、今日は高木守道さんの追悼試合という特別な日でもあって、そこで勝ちたいというのもあったと思うが
「それは、気持ちは察してもらえたら。そういう気持ちでみんな臨んでいるのだから。それは聞かなくても察してくれれば」「まあいろんな思いを、ホントに現役時代も含めて、引退後もそうですけど、僕はすごく大好きな人だったので、そういう思い出を沢山作ってくれた人に対する、敬意を表したつもりです」

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事