中日・与田監督「力ついた」8年ぶりAクラス

NPB(プロ野球) スポーツ 中日 広島

◆広島2-3中日◆
中日は60勝55敗5分け。8年ぶりのAクラスとなる3位でフィニッシュした。与田監督は試合後、「選手個々の力が間違いなくついてきた」などと総括した。

収穫を次々と強調した。「選手個々の力が間違いなくついてきたと思っている。チャンスに強くなった。二死からの得点もそうですし、ここで何とか抑えればゲーム展開が有利になるというところでの投手の奮起もあった」

「四死球は12球団で一番少ない。そういう能力も高くなってきた。監督就任当初からストライクゾーンで勝負できないと、と話はしていた。その辺りは良くなってきていると思う」

反省点も挙げた。「巨人を独走させてしまったというところでは、大きな力の差がある。色々と数字も顕著に出ているところがある。何とか改善していきたい」

来季は3年契約の3年目。優勝を争いたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事