中日また拙攻連発も与田監督「よく粘ってくれた」

NPB(プロ野球) スポーツ 中日 ヤクルト

◆中日2-2ヤクルト◆
中日は12安打を放ちながらわずか2得点に終わり、5安打のヤクルトと引き分けた。土壇場で京田の適時打で追いつき、敗戦は免れたものの得点力不足は深刻だ。

一・四・七回と3度の無死二塁の好機を作りながら、いずれも2者連続三振に倒れ無得点。無策な攻撃の連続にスタンドからはため息が漏れた。

九回は京田の適時打で同点に追いつき、なおも一死一、三塁のサヨナラ機に福田の浅い中飛で三走・大島がタッチアップして本塁で憤死、無念の引き分けとなった。

ただ、それでも与田監督は「何とか勝ちたいゲームだったけど、よく粘ってくれた」と敗戦を免れたことを喜んだ。最後の大島の走塁については「ちょっとでもそれればセーフ。あそこを行かせたところは問題ない。完全にアウトに見えましたけど、そこはしょうがない」と、荒木コーチの判断を庇った。

この日は根尾に代えて井領をスタメンで起用。その井領は2安打で得点にも絡んだが、流れを変えるまでには至らなかった。手詰まりの状況だが、なんとか打開策を見つけたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事