中日が4安打で4得点、4連勝「よくモノにしてくれた」与田監督

NPB(プロ野球) スポーツ ロッテ 中日

◆中日4‐3ロッテ◆
中日がシーソーゲームを制して今季初の4連勝、交流戦3カード連続の勝ち越しで首位をキープした。

打線はロッテの4投手にわずか4安打に抑えられたがその内3本はソロ本塁打。残る1本もビシエドの二塁打で、そのビシエドはスクイズで生還。全安打が得点になり4得点を挙げた。

先発・勝野は6回2安打1失点。2番手の福がレアードに2ランを浴び一時逆転を許したが、その後は谷元‐祖父江‐又吉が無失点でしのいだ。

与田監督は「なんとか僅差のゲームをみんなでよくモノにしてくれた」と安堵の表情。交流戦での首位をキープしたことについては「交流戦で状態が良くなってきましたけど、あくまでもセ・リーグを制覇したいという思いに変わりはないので、セ・リーグの順位を上げていくこと、そこに集中していきたい」とコメントした。

今季の交流戦では、バンテリンドームでソフトバンク、ロッテを相手に4勝0敗2分と負け無し。次カードもバンテリンでオリックスと対戦する。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事