中日が本拠地最終戦で大勝、与田監督「あと一歩まで追い上げたが私の力不足」

中日 ヤクルト

◆中日12-0ヤクルト◆
中日がナゴヤドームでの最終戦でヤクルトに大勝し、本拠地最終戦を飾った。

序盤はヤクルトの先発・田川を打ちあぐねたが、五回に阿部の適時打で先制。六回、七回には2イニング連続で打者一巡の猛攻を見せそれぞれ5、6点を追加した。

投げては先発・梅津が6回3安打無失点で4勝目、その後はマルティネス-木下-三ツ間のリレーでヤクルト打線を0封した。

与田監督は試合後のセレモニーで「最大の目標であるリーグ制覇をかなうことができず、今シーズン、ここで戦うことができなくなってしまった。あと一歩というところまで追い上げることができたけれども、その一歩を私の力不足で皆さんを喜びの瞬間に導くことができませんでした。本当に心より申し訳なく思っています」とファンに頭を下げた。

関連記事