中日が新助っ人2人と契約、アルモンテも合意「ドラゴンズという家族に戻れ嬉しい」

NPB(プロ野球) 中日

中日は6日、ルイス・ゴンザレス投手(27)、モイセ・シエラ外野手(31)の2人の新外国人と来季の契約を結んだと発表した。アルモンテとも来季契約を結んだ。

ゴンザレスはドミニカ出身で188cm、93kgの左腕。背番号は今季ロドリゲスが背負った「57」で、中継ぎでの起用が見込まれる。球団を通じ「日本の中日ドラゴンズと2020年シーズンの契約ができたこと、とてもうれしく思います。私にとっては新しいチーム。新たな期待感でいっぱいです。チームが勝てるよう、100%自分の力を発揮し貢献したい」とコメントした。

シエラは同じくドミニカ出身。育成契約で背番号は「211」となる。「現在はドミニカ共和国のウインターリーグに出場しています。しっかりと準備をして育成選手から支配下選手にはい上がり、自分の力を出して中日ドラゴンズの勝利に貢献したい」とコメントした。

アルモンテは今季、外国人枠の問題や負傷のために49試合の出場にとどまったが、打率.329、7本塁打25打点の成績を残した。「こうしてまたドラゴンズという家族に戻ることができとても嬉しい。自分の力を100%出してチームがクライマックスシリーズ、日本シリーズに出場し、優勝できるように頑張る」とコメントしている。

関連記事