中日がまさかの幕切れでヤクルトに連敗、与田監督「見ての通り」

中日 ヤクルト

◆中日1-3ヤクルト◆
中日が最終回の好機を盗塁死で潰し、ヤクルトに連敗を喫した。

先発・大野雄は初回にバレンティンの適時打で2点を失ったものの、ヤクルトの先発・スアレスが1点差の四回途中にアクシデントで緊急降板。流れは中日かと思われたが、好機を作りながらもあと1本が出ない展開。

逆に七回に大野雄の暴投で1点を追加され、2点差で最終回を迎えた。先頭の高橋周平が安打で出塁し、二死後に大野奨が内野安打でつなぎ二死一、三塁。ここで与田監督は大野奨に代走・遠藤、打席には代打・堂上を送った。

堂上は今季11本塁打。一発出れば逆転サヨナラという場面にナゴヤドームのスタンドは大いに盛り上がったが、0-1からの2球目、一走遠藤がスタートを切り、中村からの送球で楽々アウトに。あっけない幕切れに場内はため息があふれた。

一打同点の形を作りたかったのかもしれないが、遠藤の今季の盗塁成功率は4/6。成功しなければ負けるという場面で走らせる作戦が、果たして妥当だったのか。与田監督は「結果がすべてなので。作戦は明かせませんが、とにかく結果、見ての通り」と語った。

関連記事