中日、自力5位も消滅 与田監督は貧打嘆く「今年ずっと課題に…」

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA 中日

◆DeNA5‐0中日◆
中日がわずか1安打で今季14度目の0封負けを喫し、最下位・DeNAに並ばれた。

初回に敵失と大島の安打、四球で一死満塁の好機を作ったが、五番・高橋が三邪飛、渡辺が二ゴロに倒れ無得点。二回以降は八回まで東にパーフェクトに抑えられ、九回は引退試合の武藤、3番手シャッケルフォードに3者三振に抑えられた。

与田監督は試合後、好機を逃した初回の攻撃に「今年ずっと課題にしていることだが、ああいうチャンスをモノにして先制していかないと、なかなか厳しいというところもある。その後もずっと1安打のままでなかなか崩せなかった」とボヤいた。

3年契約3年目、課題を克服できないまま借金は今季最多の17に。残り1試合、DeNAは残り2試合で、自力での5位が消滅した。最下位で立浪次期監督にバトンを渡すのは避けるためにも、最終戦の阪神戦は勝ちにいきたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事