中日、不可解敬遠からサヨナラ負け「私の判断」与田監督

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA 中日

◆DeNA2-1中日◆
中日が不可解な敬遠策から今季4度目のサヨナラ負けを喫した。

1-1で迎えた九回裏、守護神・Rマルティネスが先頭の大和を四球で歩かせ、犠打と桑原の安打で一死一、三塁に。ここで与田監督は二番・楠本を敬遠、一死満塁で柴田、牧との勝負を選択した。一塁は埋まっており、併殺も狙える状況。さらに楠本とRマルティネスの力関係を考えれば、まずは二死目を取りに行くのがセオリーと思われる場面だった。

結果的にはこの選択が裏目に出る。柴田に対してボールを3球続けて3-0とし、その後は甘いコースに投げざるを得なくなり、7球目をレフトに弾き返され、サヨナラ犠飛となった。

与田監督は試合後、Rマルティネスについて「この時期は、彼だけに限らず、みんな疲れがあるかもしれないが、ストライクとボールがはっきりしてしまったところが苦しかった」と話した。ならば、なおさら四球が許されない満塁策は不可解だが、敬遠策については「私の判断です」と意図は説明しなかった。

これで最下位・DeNAとの差は再び0.5ゲームに縮まった。3年契約3年目の与田監督を巡っては、退任説・留任説が交錯しているが、さすがに最下位で留任は許されないだろう。今後の采配が注目される。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事