中日、ソフバンに2勝1分け「自信にして」与田監督

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク 中日

◆中日3-3ソフトバンク◆
セパ両リーグの「力の差」が指摘される中、セの下位2チームが勝ち越した。

中日は4年連続日本一のソフトバンクを相手に2連勝し、この日は引き分けた。

3点ビハインドの四回、木下拓の3ランで同点に。守護神のRマルティネスが不在の中、六回から谷元、祖父江、橋本、又吉と0封リレーを見せた。橋本はプロ初ホールドを挙げた。

八回二死一、二塁では代打・福留がファウルとなったものの、もう少しで3ランという鋭いライナーを右翼ポール際へ打ち込んだ。

与田監督は救援陣を讃えた。「本当によかった。橋本もプロに入って一番きついところで投げたんじゃないですかね。ああいう場面でしっかりと抑えてくれましたし、それ以外の投手もよく粘ってくれましたね」。ソフトバンクに負けなかった点は、「選手、スタッフがやってきたことがうまく結果につながった。そこを自信にして戦っていきたいし、選手もプラスにとらえて欲しい」と今後につなげていきたい考えだ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事