両監督が動いた九回裏、笑ったのはロッテ・井口監督

ロッテ 楽天

◆ロッテ4-3楽天◆
ロッテが九回にサヨナラ勝ち。両監督が積極的に動いたが、明暗が分かれた。

九回、青山が先頭の井上に四球。代走の岡が初球から走り、タイミングは際どかったがセーフに。平石監督はリクエストしたが、リプレー検証の結果、判定は変わらず。

ここで平石監督は申告敬遠を選択し、中村が歩いて一、二塁に。

柿沼の犠打で捕手山下は三塁へ送球したがセーフとなり、無死満塁で打者は清田。前進守備の右翼の頭上を越えるサヨナラ適時打となった。

今季はチーム本塁打が9年ぶりに100本を超えるなど、長打力が目立つが、井口監督は本来、機動力野球を志向していた。井口監督は「足を使って塁を埋められた」と納得の表情だった。

守る平石監督はリクエストと申告敬遠が実を結ばなかった。攻める井口監督は盗塁と犠打を仕掛け、白星を手繰り寄せた。

関連記事