与田監督「放送席の声が聞こえる」アピールで試合中断

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 中日 ヤクルト

21日のヤクルト-中日戦(神宮)で、放送席の声が原因で試合が中断する場面があった。

九回表の攻撃が始まる前に、与田監督が嶋田球審に歩み寄りアピール。これを受け嶋田球審が高津監督にも意見を求め、数分間試合は中断した。

その後、放送席への注意などは行われないままプレーは再開されたが、試合後に中日の加藤球団代表が「『捕手がインコースに構えた』などの声が聞こえるという話を与田監督が審判にした」と説明した。審判団からは試合後、各球場に注意喚起し是正するというセ・リーグの方針が伝えられたという。

無観客試合では、グラウンドで発した選手の声がはっきりとマイクに拾われるが、逆もまたしかり。果たして有効な対策はあるのか。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事