与四球王は?パ・リーグ編2019

西武 ソフトバンク 日ハム 特集企画・連載

やらかしたのは?与四球王は誰だったのか。パ・リーグ編。

1 千賀 滉大 (ソ) 75
2 今井 達也 (西) 72
3 辛島 航 (楽) 57
4 ボルシンガー (ロ) 52
5 種市 篤暉 (ロ) 51
6 高橋 礼 (ソ) 49
6 K-鈴木 (オ) 49
8 ミランダ (ソ) 48
9 岩下 大輝 (ロ) 47
9 髙橋 光成 (西) 47

キングはノーヒッター千賀滉大。もともと制球力より球威とフォークのキレで抑える投手。投球回数がかさめば死球が増えるのも仕方ないだろう。ノーヒットノーランを達成した試合も4四死球を出したが、それでも点を与えない強さがある。

問題なのは2位の西武今井達也以下だろう。中でもソフトバンクのミランダは9イニング当たりの四球数が5.02と2位の今井(4.79)を上回った。今季、チーム3位の7勝を挙げながらも残留とならなかったのはこの辺りが原因か。

トップテンに一人も入らなかったは日本ハム。最多の有原航平でも40四球。9回当たりの数は2.19にとどまった。

関連記事