三浦監督「何とか明日」球団ワーストタイ6連敗

NPB(プロ野球) スポーツ DeNA 広島

◆DeNA3-7広島◆
DeNAがこの日も広島に押し切られ、球団ワーストタイの開幕6連敗を記録した。新人監督の開幕6連敗も、2リーグ制後では、02年のオリックス・石毛監督と並ぶワーストタイ記録で、4日に不名誉な記録更新の可能性もある。

この日は二回に田中の犠飛で先制したが、直後の三回に先発・京山が安部と菊池涼にソロ本塁打を許して逆転された。さらに五回には坂倉に満塁弾を浴び、勝負が決まった。

三浦監督は「点を取ってもらった次の回のホームラン。(計)3本ですから、もう少し考える余地はあった」と京山に反省を求めた。

ただ、ここまで8戦して0勝6敗2分という成績は先発投手だけの責任ではない。三浦監督は「結果として受け止めて、また明日。終わったことは変えられないので、何とか明日変えられるようにしたい」と語ったが、言葉には力がなかった。

4日の先発は今季初登板の阪口だが、指揮官の期待は「まず自分の投球を1球でも早く出せるようにしてもらいたい」と“控え目”。なんとか1勝を挙げ、流れを変えることができるだろうか。

文・写真/BBNEWS

関連記事