一軍復帰目指す阪神・原口が3日連続のフリー打撃(動画)

阪神 YouTube「BBNEWS」チャンネル

大腸がんからの戦列復帰を目指す阪神・原口文仁捕手が18日、二軍本拠地の鳴尾浜球場(西宮市)で3日連続となる屋外フリー打撃を行った。

この日は、2軍調整中のマルテらとともに鳴尾浜での残留練習に参加し、フリー打撃、マシン打撃を各10分余り行い、快音を響かせた。


その後はマスクを被って捕手としての捕球・送球練習も実施。実践復帰を見据えて汗を流した。

原口は、今年1月24日に大腸がんであることを公表し、同31日に手術を終えたことを報告。リハビリを経て、3月7日に鳴尾浜でのトレーニングに入り、今月16日から屋外でのフリー打撃開始と、復帰に向けたステップを着実に踏んでいる。一軍の得点力不足が深刻な今、勝負強い原口の早期復帰はチーム関係者・ファンの一致した願いだ。

関連記事