一度は代走を送られたのに・・・偽装死球バレた宮崎がサヨナラ打

DeNA 広島

◆DeNA2-1広島◆
DeNAが延長十回にサヨナラ勝ちで広島に連勝、借金を1として3位阪神に0.5ゲーム差に迫ったが、立役者は一度代走を送られたはずの宮崎だった。

九回裏の先頭打者として打席に立った宮崎は、フランスアの4球目の内角球で打席に倒れこんだ。DeNAベンチからはトレーナーと青山ヘッドコーチが飛び出し、審判のコールを待たずに青山コーチが一塁を指差し、立ち上がった宮崎はトレーナーに支えられながら一塁へ。DeNAは代走・柴田を送り、宮崎はベンチに戻って治療へ。

と、ここで緒方監督からリクエストが。フランスアの投球は宮崎の手元で大きく軌道が変わっていたが、リプレー検証映像ではバットのグリップエンドに当たっていることがハッキリ。審判のファールというコールに宮崎は苦笑いをしながらベンチから出てきて「打ち直し」となり、左飛に倒れた。

ベンチぐるみの偽装が見破られたDeNAだが、これが結果的に幸いする。十回裏二死満塁のサヨナラ機で打席に立った宮崎は、詰まった当たりながらも中前にポトリと落ちるサヨナラ打を放ったのだ。お立ち台に立った宮崎は「めちゃくちゃいい当たりでした」とおどけつつ、「みんな必死で一日一日頑張っている」と勝利への執念を強調した。

関連記事