ロハス失策に矢野監督「プロとして恥ずかしい」マルテ昇格は?

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 DeNA

◆阪神9-3DeNA◆
阪神が苦手・坂本を打ち崩してDeNAに快勝、カード勝ち越しを決めたが、矢野監督は試合後、珍しく守備の乱れを断罪した。

今季も失策数12球団トップの阪神は、この日も2失策を重ねた。

まずは4点リードの五回、二死一塁から大山が桑原の平凡な三ゴロを一塁に悪送球。二死一、三塁にピンチを広げたが、先発・ガンケルが踏ん張って失点には至らなかった。

続く六回、無死一塁の場面では、今度はロハスが宮崎の左前打を後逸。一走・オースティンの生還を許した。その瞬間、矢野監督は信じられないと言った様子でベンチ内で首を傾げた。

試合後、矢野監督は勝利を喜びつつも「今日も、プロとしては恥ずかしいような守備のミスもありましたし、これでいいとは思えない部分もあります」と珍しく守備のミスを糾弾した。

ロハスは後半戦打率.300、3本塁打、6打点と好調で打線を支えているが、この日は3打席で無安打。失策後の七回の守備から島田と交代した。


ただ、ロハスに出場機会を譲っているマルテは二軍戦5試合で13打数6安打、2本塁打と打ちまくっているが、この日、「寝違え」のために試合を欠場。矢野監督はマルテの昇格について「そら首痛めてんのにすぐ上げられへんやろ」と苦笑するしかなかった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事