ロドリゲスの先発、四番に代打…栗山監督の信念はどこに?

西武 日ハム

◆西武ー日本ハム◆
日本ハムは先発・ロドリゲスが5回2失点と試合を作ったが、先発したのは4月24日以来だった。

ロドリゲスは4月に4度先発し、その後は抑えやセットアッパーも経験。八月に入って2度、ショートスターターの跡を継いで第2先発として5回を投げていた。

栗山監督はショートスターターやオープナーを多用している。堀が二試合続けて先発したこともあった。

先発投手にとって、立ち上がりは非常に難しい。リリーフ投手に代わりに先発させて流れを作り、第2先発をスムーズに試合に入らせるという狙いがあるからだ。

だとしたら、第2先発をさせていたロドリゲスを初回から投げさせたのは何故か。オープナーとショートスターターというシステムを採用していたこれまでと矛盾しないか。

ロドリゲスは先発、第2先発、セットアッパー、抑えと4つの役目を務めたが、役目が変わると負担は大きい。

大胆な守備シフトを敷いたり、一割打者の清宮に四番を打たせたり。色々なことにチャレンジするのは良いが、清宮に代打を出したり、ロドリゲスが先発したり第2先発で投げたりと言うのを観ると、栗山監督には確固たる信念を感じられない。

関連記事