ロッテ?西武?楽天?CS進出争い激化、有利なのは…

NPB(プロ野球) スポーツ 西武 ロッテ 日ハム 楽天

パ・リーグのクライマックス・シリーズに進出できる2位争いが激しくなっている。24日終了時点で、理屈の上ではまだオリックスを除く5球団に可能性があるが、優勝マジック「3」としているソフトバンクのCS進出確定マジックは「1」。5位の日本ハムもかなり苦しい。

ロッテ、西武、楽天、日本ハムの今後の勝敗による勝率は以下の通り。

数字上は有利なロッテだが、直近13試合の戦績は3勝10敗と失速気味。仮に残り試合もこのペースで行けば五割を切ってCS争いからも脱落してしまう。なんとか立て直したいところだ。


3位の西武はここに来てチーム状態が好転。数字的には不利に見えるが、心理的には五分以上だろう。

4位・楽天も失速気味ではあるが、西武との対戦を5戦残している。ここを勝ち越せれば、一気に差は縮まる。

5位の日本ハムは残り12戦で11勝でようやく勝率5割を超える。仮に12戦全勝したとしても、ロッテが6勝7敗でフィニッシュすれば及ばない。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事