ロッテ鈴木大地 試合中にインスタ乗っ取り【事件簿2019】

話題・エンタメ ロッテ 企画・連載

プロ野球はシーズンオフに突入した。2019年の事件を振り返る。

ロッテの選手会長・鈴木大地のインスタグラムが試合中に乗っ取られる事件があった。文字通りの事件、本物の犯罪である。

6月20日21時30分頃。マツダでの交流戦、広島戦に出場しているはずの鈴木のインスタグラムのアカウントから、レイバンのサングラスが90パーセントオフになるという内容が投稿された。

鈴木は九回の攻撃で四球を選び、出塁中だった。

インターネットで調べると、レイバンの名を騙り、インスタグラムのアカウントを乗っ取られる事例が頻繁しているという。

鈴木の投稿には、「試合中なのに乗っ取り?」などのコメントが殺到した。

試合にサヨナラ負けし、インスタグラムも乗っ取られ、散々な一日となった鈴木。

鈴木は試合後に、乗っ取られていた旨を投稿。無事にアカウントは復旧した模様で、スパム投稿による被害が拡大することはなかった。

鈴木は開幕時、サードの定位置争いに敗れた。開幕戦の「六番・サード」は寿司ボーイことレアード。日本ハムから移籍してきた大砲だった。

ロッテは開幕戦を飾ったが、鈴木の出番はなし。15年から続いていた連続試合出場が「532」で止まった。

だが、鈴木はバルガスや井上晴哉の不調などで出場すると、結果を残した。外野、一塁、指名打者でスタメン出場を続け、6月は月間MVPに輝いた。一番の荻野とともに、もっとも頼れる野手の1人となった。

インスタグラムの乗っ取りも、レギュラー落ちも乗り越えた鈴木は打率.288、15本塁打68打点。キャリアハイの成績を残した。オフにはFA権を行使。慰留するロッテ、巨人、楽天による争奪戦が繰り広げられている。