ロッテ終盤に痛い逆転負け、井口監督「行くと本人が言ったので…」

ソフトバンク ロッテ

◆ソフトバンク9-6ロッテ◆
ロッテは五回に2点を勝ち越したが、終盤に守り切れなかった。

先発・種市は六回を終えて99球。続投させたが、松田にソロ本塁打を浴びた後、一死二塁となり降板。松永が川島に同点適時打を浴びた。八回は東妻が3失点し、プロ初黒星を喫した。

井口監督は「種市は(七回も)行くと本人が言ったので(行かせた)。勝ちパターンの投手なので、なんとか頑張ってほしかったですけど、また明日頑張りたいと思います」

得意のソフトバンク相手に痛い黒星だ。