ロッテ益田「壊れてもいい」球団新38セーブ

NPB(プロ野球) スポーツ ロッテ 日ハム

◆ロッテ3-2日本ハム◆
ロッテは、試合のないオリックスを抜いて首位に浮上した。優勝マジックは「3」となった。九回は益田が3―0の9回に登板。2点を失ったが、球団新記録となる38セーブ目を挙げた。「幕張の防波堤」と言われた小林雅英が02年に記録した「37」を抜いた。今季は13年以来、2度目となるセーブ王のタイトルが確定している。

今季は139試合中、67試合目の登板となった。プロ10年間で9度、50試合以上、計593試合に登板している鉄腕だ。ただ、一死から四球と3連打で1点差に迫られ、お立ち台では謝罪した。

「今日はすみませんでした。コーチをしてくださった小林雅さんの記録を抜くことができて、嬉しく思います。今は勝って終わればいいと思っている。なるべくこういう展開は避けて、今日は楽に勝てたと帰ってもらえるように頑張りたい」

初めての優勝に向けて、「今年は体が壊れてもいいと思ってやってる。みんなの笑顔が見たいし、ロッテで優勝したいと思って残ったので」

同期入団の楽天・鈴木大地とともに、19年オフはFA権を行使するか注目されたが、益田は残留。鈴木は新天地へ移籍した。残り4試合。タフネスぶりを発揮する。

文・写真/BBNEWS編集部

◆益田直也
背番号 52
カナ マスダ・ナオヤ
出身校 関西国際大
誕生日 1989年10月25日
年齢 31
血液型 B
身長 178
体重 80
所属履歴 市和歌山商―関西国際大
キャリア 10年
投打 右右
ドラフト年度 11
ドラフト順位 4
公式戦初出場 12年3月30日楽天=K宮城
年俸 2億円
昨季年俸 2億円
タイトル (新)12(セ)13
家族 既婚

関連記事