ロッテ完封負け「見逃し三振もったいない」井口監督

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス ロッテ

◆オリックス1-0ロッテ◆(CS最終ステージ)
ロッテはオリックス先発・山本に4安打無得点に封じられ、初戦を落とした。

井口監督は「足を絡めて得点圏まではいきましたけど、そこから、こういう投手からはなかなか一本が出ない。あそこで一本出せるようにしないといけない」と嘆いた。中でも「走者を置いてからの見逃し三振がもったいなかった」と、四回二死三塁で山口が三振した場面を悔やんだ。

山本に対しては狙い球など「徹底していることはあったが、なかなか1球で仕留められない。その辺をどうやって仕留めるかが、来年以降の課題」と脱帽した。

これでアドバンテージを含め0勝2敗、日本シリーズ進出には残り5戦で4勝1敗以上が求められる厳しい立場となった。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事