ロッテ唐川侑己、久々先発マウンドはまずまず

プロ野球 スポーツ ロッテ キャンプ

ロッテの唐川が、先発復帰に向け上々のスタートを切った。

2018年、2019年は主に中継ぎとして起用されたが、先発復帰を目指して14日の広島との練習試合(コザしんきんスタジアム)で先発。2回を投げ1安打無四球1失点とまずまずの内容だった。

直球は140キロ代前半だったが、初回は田中を三振、菊池涼を右飛、西川を一ゴロに打ち取り三者凡退。二回先頭の鈴木に本塁打を許すも、後続の長野を二ゴロ、ピレラを左飛、阿部を投ゴロに打ち取った。

鈴木に被弾したのは初球のカットボール。「不用意だった」と悔やんだが、表情は暗くなかった。美馬やハーマン、ジャクソンが加入し、涌井と酒居が抜けた投手陣。先発陣は美馬、二木、種市、石川がおり、唐川は佐々木千や小島、西野らと競う立場だが、滑り出しはまずまずだった。

文・写真/BBNEWS編集部

◆唐川侑己
背番号 19
カナ カラカワ・ユウキ
出身校 成田
誕生日 1989年7月5日
年齢 30
血液型 O
身長 181
体重 80
所属履歴 成田(甲)
キャリア 13年
投打 右右
ドラフト年度 07
ドラフト順位 1(高)
公式戦初出場 08年4月26日ソフトバンク=ヤフー
年俸 6200万円
昨季年俸 5600万円
家族 既婚

関連記事