ロッテ吉井コーチ「攻めてリズムを」先発に喝

NPB(プロ野球) スポーツ ロッテ 怪我・体調不良

ロッテ吉井コーチがブログを更新し、1勝5敗に終わった楽天との6連戦で、消極的な投球が目立ったと振り返った。

「今回はイーグルス打線の長打を警戒するあまり、少し消極的な投球になってしまいました。(岩下は攻めていた)

ランナーなしの場面でも、ピンチの時のように神経を使う投球になってしまい、苦しくなってしまいました。

特に先発投手は、立ち上がりから慎重な投球になり、5回ちょっとで100球越えになってしまいました。先発の立ち上がりは少々の打たれるリスクはあっても、大胆に攻めていった方がリズムに乗れる可能性が高いです。(特に技術不足の若い投手)」

30日の初戦に4-15で敗れたのが効いたのか。先発の球数を振り返ると、美馬は5回2/3で109球、種市は6回108球、石川は6回113球、岩下は5回84球、小島は4回0/3で80球、二木は2回途中29球。攻めていたという岩下は確かに球数が少ない。


ただ、種市の心意気を称えている。「配球は別として、種市は雨の中、よくがんばったと思います。

悪天候の中、打球が足に当たっても、気持ちが折れないで一回でも多く投げるんだと言う姿勢が見られました。マリーンズ投手陣は若い子が多いので、大失敗もあります。しかし、やられっぱなしではバカみたいなので、この失敗から教訓を得て、次に向かっていきたいと思います」

美馬、石川以外の先発は20代。失敗から学び、やり返せば良い。

文・写真/BBNEWS編集部

◆種市篤暉
背番号 16
カナ タネイチ・アツキ
出身校 八戸工大一
誕生日 1998年9月7日
年齢 21
血液型 AB
身長 183
体重 88
所属履歴 八戸工大一
キャリア 4年
投打 右右
ドラフト年度 16
ドラフト順位 6
公式戦初出場 18年8月12日オリックス=京セラ
年俸 3000万円
昨季年俸 680万円
家族 独身

関連記事