ロッテ“古希の打撃投手”に唐川と西野が「ありがとうの会」

話題・エンタメ ロッテ

「古希の球界最年長打撃投手」として知られ、16年にロッテを退団した池田重喜・元寮長兼打撃投手をねぎらい、唐川侑己と西野勇士が「ありがとうの会」を開いた。

池田氏は球団OBのレジェンド・有藤通世氏と同学年。大分・津久見高から日本鉱業佐賀関を経て1967年ドラフト4位で大洋に入団。71年にロッテに移籍し、77年に引退した。通算155試合13勝12敗、防御率3.53。

引退後はコーチを務め、00年に寮長に就任。12年から打撃投手を兼任していた。

「お元気そうで良かったです」と唐川。3年越しに引退を祝った。