ロッテ入り美馬学 井口監督との「本当の仲」

エンタメ・話題 阪神 ロッテ 楽天 コラム

FA宣言していた楽天・美馬学がロッテに入団することが正式に決まった。原監督の出馬で巨人入りの観測も出たが、ロッテ入りは既定路線。井口監督との関係が決定的だった。

美馬と井口監督は同じマネジメント会社「PAMS」に所属している。井口監督は会社の創設から関わり、役員を務めていたこともある。

井口監督は美馬について「何度か食事をした事がある」と2人の関係をボカシているが、そんなに軽い付き合いではない。インスタグラムに投稿されただけでも野球教室に2度、座談会に1度、一緒に参加している。時期も16年と18年に分かれている。場所は山口県と熊本県と高知県で、3日間に跨った日もあるから泊まりがけだ。

18年の野球教室はソフトバンクOBの斉藤和巳氏とロッテ清田育宏も講師として参加したが、二人もPAMSの所属だ。同じく講師役だったロッテOBの竹原直隆氏はPAMSが運営するベースボールアカデミーの講師を務めており、月会費は1万8000円する。

PAMSには清田の他、阪神を退団し、ロッテ入りが有力視される鳥谷敬も所属。かつてはロッテ現二軍監督の今岡誠や元ロッテの金泰均もいた。

争奪戦となった先発右腕を引き寄せた「つながり」。美馬獲得は事務所の存在抜きには語れないだろう。

関連記事