ロッテ井口監督が珍しく激昂、「ボーク」アピールで

ソフトバンク ロッテ

◆ロッテ4-2ソフトバンク◆
ロッテ・井口監督が珍しく激昂した。

五回裏一死一塁で、高橋礼の牽制球で一走柿沼が戻り切れずアウトの判定。

ベンチを出た井口監督は一塁塁審に詰め寄り、高橋礼が投球動作に入ってから牽制球を投じたため、ボークではないかと抗議した。

攻撃が終了した後にも、審判に確認を求めた井口監督。よほど不満だったのだろうか。

関連記事