ロッテ井口監督「ボクの反省点」継投ヒヤリ

NPB(プロ野球) ロッテ 楽天

◆ロッテ4-4楽天◆(CS第1ステージ第2戦)
レギュラーシーズン2位のロッテが3位・楽天と引き分け、1勝1分けで最終ステージ進出を決めた。同点の九回表を益田が無失点で締めて、規定によりコールドとなった。CS最終ステージは10日から。京セラドーム大阪で、シーズン1位のオリックスと対戦する。

先発・小島が二回に2失点すると、山口のソロなどで3-2と逆転したが、七回に小島が炭谷に同点ソロ、島内に勝ち越し適時打を打たれた。その裏、マーティンが同点ソロを放った。小島は7回途中、115球を投げて10安打4失点だった。

試合後、井口監督は珍しく反省を口にした。七回に小島を続投させたことについてだ。逆転された直後に国吉を投入したが、国吉は前日に3失点していたため、継投が遅れた。
「まあ、ボクの反省点ですね。七回の頭から、今日も行けばよかったなと、今は後悔しています」

投手の起用法などは基本的に吉井コーチに任せており、指揮官は基本的に、提案を受け入れている。

マーティンの同点弾で救われたが、最終ステージではしっかり継投したい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事