ロッテ井上、2日で3個目の死球に中指立てる…あわや乱闘

エンタメ・話題 阪神 ロッテ 乱闘

◆ロッテ3-4阪神◆
阪神・小野から死球を受けた井上が激昂し、あわや乱闘というシーンがあった。

阪神が1点リードで迎えた七回裏、二死二、三塁の一打逆転という場面で登場した井上だが、4球目が左手に直撃した。前日に青柳から2死球を受けており、これが2試合で3個目の死球となった井上は、中指を立てながら阪神の捕手・梅野に詰め寄った。これに両軍ベンチが飛び出し、一触即発の雰囲気に。その場は井上が一塁に歩いて何とか収まったが、球審から警告試合が宣告された。

井上は2死球を受けた前日の試合では本塁打を放ち、お立ち台で「デッドボール許さないという気持ちで打席に入りました」と語っていたが、この日は死球後の九回裏二死一塁での打席では遊ゴロ。不発に終わった。

関連記事