ロッテ二木KOで大敗「元気なくなった」井口監督

NPB(プロ野球) スポーツ ソフトバンク ロッテ 怪我・体調不良

◆ロッテ4-10ソフトバンク◆
2位・ロッテは大敗した。優勝へのマジックは「8」のまま。初回にレアードの2ランと山口のソロで点を先行したが、先発・二木が直後の二回、柳田に3ランを打たれるなど、1回2/3を5安打3四球5失点でKOされた。

井口監督は「初回にいい形でいきましたし、その後も追加点がありましたが、元気がなくなってしまった」「これは切り替えるしかない。とにかく明日、頑張ります」

二木は今季の開幕投手だが、今季は防御率4点台とピリッとせず、2週間ぶりの登板だった。「チームに迷惑をかけました。今は言葉がありません」と肩を落とした。

本来は制球力とフォークが武器。三振数を四死球で割った「K/BB」は、3.50を超えると優秀とされるが、二木は昨季6.58をマークした。今季は3.00にとどまっている。今季の先発では、12球団トップはオリックスの山本で、5.22。

今季は度々、井口監督からは球が高いと指摘されている。優勝争いとCSへ向け、立ち直りたい。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事